FC2ブログ

コンピュータ好き

パソコン、周辺機器、ソフトウェア、電子小物等々の最新情報、特価情報、激安情報をお届け
アーカイブ
[ Fusion ] のタグを含む記事

HPの15.6型ハイバリューノートPC「HP Pavilion g6-1100AU」が価格改定で更にお安く!!

こちらのエントリーでもご紹介したHPの15.6型ハイバリューノートPC「HP Pavilion g6-1100AU」が価格改定で更にお安くなりました。
元々39,900円~と低価格を売りにしていたモデルですが、価格改定で37,800円~です。

最廉価モデルである「HP Pavilion g6-1100AU エントリーモデル」の主な仕様は以下のとおり。
 OS:Windows 7 Home Premium SP1 64bit
 CPU:AMD A4-3300M 1.9GHz(最大2.5GHz)
 メモリ:2GB(2GB×1) PC3-10600
 グラフィックス:AMD Radeon HD6480G(CPU内蔵)
 ディスプレイ:15.6インチ 1920×1080
 ストレージ:320GB HDD
 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
 価格:39,900円37,800円

メモリ容量は、4GB(2GB×2)又は6GB(2GB+4GB)へのアップグレードが可能です。

以前は、これくらいの価格帯の製品はネットブックの独壇場でしたが、『AMD Fusion』等の登場でフルスペックノートのエントリー製品も価格面で競合するようになってきましたね。
軽くて小さいネットブックの機動性も捨て難いですが、据え置き使用がメインなら2スピンドルのフルスペックノートに分がありです。

いずれにせよ、選択肢が増えるのは嬉しいですね。
「HP Pavilion g6-1100AU」の詳細及びご注文はこちらからどうぞ。
 →15.6型ハイバリューノートPC「HP Pavilion g6-1100AU」
icon


AMDの『Llano(ラノ)』こと『AMD Fusion Aシリーズ』にトリプルコアの「A6-3500」登場!!

高性能&低価格で人気の高い『AMD Fusion Aシリーズ』に、初のトリプルコア製品「A6-3500」が登場しました。
9月9日発売開始で、実売価格は8,000円~8,500円程度です。

AMD Fusion APU


「A6-3500」は、シリーズ唯一のトリプルコア製品で、ベースクロックは2.1GHz、最大クロックは2.4GHz。
GPUはコア数320基、クロック数443MHzのRadeon HD6530Dです。

参考に、以前こちらのエントリーに掲載した『AMD Aシリーズ』ラインナップ一覧表を再掲載します。

[ 2011/09/10 23:55 ] PCパーツ CPU | TB(0) | CM(0)

ASUSからAMD A6-3400M搭載の格安&高性能なスタンダードノート「K53TA」登場!! (※レビュー記事追加)

ASUSから、こちらのエントリーでご紹介したAMD Fusionの新シリーズ『AMD A6-3400M』を搭載した15.6型スタンダードノートPC「K53TA」が登場しました。
ASUS K53TA

ツクモから『AMD A8-3850』を搭載した新モデル「AeroStream RM5A-A33/S」登場!!

ツクモから、『AMD A8-3850』を搭載したデスクトップPCの新モデル「AeroStream RM5A-A33/S」が登場しました。
AeroStream RM5A-A33/S
主な仕様は以下のとおり。構成のカスタマイズも可能です。
 OS:Windows 7 Home Premium SP1 32bit/64bit
 CPU:AMD A8-3850 2.9GHz
 メモリ:4GB(2GB×2) PC3-10600
 グラフィックス:AMD Radeon HD6550D(APU内蔵)
 ディスプレイ:別売
 ストレージ:500GB HDD
 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
 価格:54,980円

『AMD Fusion APU』搭載モデルの御多分に洩れず、高性能の割に安価な非常にコストパフォーマンスに優れた製品です。
製品の詳細及びご購入は、こちらからどうぞ。
 →静音性と冷却性にこだわった「AeroStreamシリーズ」 - ツクモ

AMD Fusion E/Cシリーズに新モデル追加!!

こちらのエントリーでご紹介した、「AMD Eシリーズ」と「AMD Cシリーズ」に新モデルが登場しました。

AMD Fusion APU

追加されたモデルは以下の3種類。
モデルCPUクロックコア数GPUGPUクロックTDP理論性能値
E-4501.65GHz2Radeon HD6320508MHz
(最大600MHz)
18W100GFLOPS
E-3001.3GHz2Radeon HD6310488MHz18W90GFLOPS
C-601GHz
(最大1.33GHz)
2Radeon HD6310488MHz9W65GFLOPS

これらの新しいモデルで強化された機能は以下のとおり。
■HDグラフィックス機能の強化
■メモリー拡充による性能改善
■DisplayPort++:HDMIやDisplayPort対応のモニターやTVに接続
■モバイルプラットフォームにおいては、従来を約4時間上回る12時間の非動作時バッテリー駆動時間

更に、次の新機能が搭載されています。
■DDR3 1333のサポート:メモリー帯域を拡大すると共に性能を高速化し、またビデオ再生を改善します。
■HDMI 1.4aによる接続:3D対応のTVやディスプレイを通じた3D画像やホームビデオの視聴が可能になりました。

コストパフォーマンスの高さには定評のある「AMD E/Cシリーズ」が、機能アップで更に魅力的になりましたね。
こちらのエントリーでご紹介した、デルの「Inspiron M102z」は、既に「AMD E-450」を搭載して発売中です。

これで、ノートPCの更なる高性能化&低価格化が期待できそうですね。

[タグ] AMD Fusion APU E-450 E-300 C-60
[ 2011/08/24 00:00 ] PCパーツ CPU | TB(0) | CM(0)

マウスコンピューターから『A8-3850』と『GTX560』を搭載したゲーミングデスクトップ「NEXTGEAR-MICRO am500BA1」登場!!

マウスコンピューターのゲーミングブランド【G-Tune】から、『AMD A8-3850』と『NVIDIA GeForce GTX560』を搭載したゲーマー向けデスクトップPC「NEXTGEAR-MICRO am500BA1」が登場しました。
NEXTGEAR-MICRO am500BA1

主な仕様は以下のとおり。構成のカスタマイズも可能です。
 OS:Windows 7 Home Premium SP1 64bit
 CPU:AMD A8-3850
 メモリ:4GB(4GB×1) PC3-10600
 グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX560
 ディスプレイ:別売
 ストレージ:1TB HDD
 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
 価格:69,930円

AMD Aシリーズ搭載で、6万円台からのリーズナブルな価格ながら、ゲーミングPCとしても十分な性能を有しています。

製品の詳細及びご購入は、こちらからどうぞ。
 →「NEXTGEAR-MICRO am500BA1」製品情報 - マウスコンピューター
icon

フェイスからAMDの新APU『AMD A8-3850』を搭載したデスクトップPCが登場!!

こちらのエントリーでドスパラの『A8-3850』搭載PCをご紹介しましたが、フェイスからも同じく『A8-3850』を搭載したデスクトップPC「Seed Micro A83850X/DVR」が発売されました。
AMDの新APU『AMD Aシリーズ』については、こちらのエントリーをご参照下さい。
 →AMDからデスクトップPC向け『Llano(ラノ)』が登場!! - コンピュータ好き
Seed Micro A83850X/DVR
icon
 →Seed Micro A83850X/DVR - フェイス
icon

基本モデルの仕様は以下のとおり。構成のカスタマイズも可能です。

ドスパラからAMDの新APU『AMD A8-3850』を搭載したデスクトップPCが2モデル登場!!

ドスパラから、発表されたばかりのAMD Fusion APUの新製品「AMD A8-3850」を搭載したデスクトップPCが2モデル登場しました。
「AMD A8-3850」については、弊ブログのこちらのエントリーをご参照下さい。
 →AMDからデスクトップPC向け『Llano(ラノ)』が登場!! - コンピュータ好き

Prime A Lightning AX
Prime A Lightning AX
基本モデルの主な仕様は以下のとおり。構成のカスタマイズも可能です。

AMDからデスクトップ向『Llano(ラノ)』対応チップセット「AMD A75」と「AMD A55」が登場!!

AMDから、Fusion APUの新モデル『Llano(ラノ)』こと「AMD A-series」のデスクトップ向け製品に対応したチップセット「AMD A75」と「AMD A55」が登場しました。

AMD Fusion APU

主な仕様は以下のとおり。

[ 2011/06/29 23:55 ] PCパーツ CPU | TB(0) | CM(0)

MSIからAMD Fusionを搭載した13.4型スリムノート「X370」登場!!

MSIからAMD Fusion APUを搭載した13.4型スリムノートPC「X370」が登場しました。
MSI X370

[タグ] MSI X370 AMD Fusion APU E-350
[ 2011/04/15 18:59 ] ノートPC MSI | TB(0) | CM(0)

SONY(ソニー)の「VAIO(バイオ)」に2011年春モデル登場!!

SONY(ソニー)の「VAIO(バイオ)」に2011年の春モデルが登場しました。
現在、ソニーストアで「VAIO春モデル発売記念キャンペーン!」icon開催中。
期間限定で、様々な特典が用意されています。
VAIO春モデル発売記念キャンペーン!

さて、各社から『Sandy Bridge』搭載モデルが続々と発表される中、VAIOには新Core採用モデルがラインナップされてないなぁ・・・と思いながら眺めていると、何と『AMD Fusion』搭載モデルが用意されていますねぇ。

こちらのモデルが『AMD Fusion』搭載モデル市販第1号になるかと予想していましたが、「新型VAIO Y」の発売の方が先になりそうですね。(ソニーストアで今注文iconすると、1月29日頃商品到着予定。)

それでは簡単に「VAIO Y」の『AMD Fusion』搭載モデルを紹介しておきます。

・VAIO Y(VPCYB19FJ)
VAIO Y
主な使用は以下のとおり。
 OS:Windows 7 Home Premium
 CPU:AMD デュアルコア・プロセッサ E-350(1.6GHz)+AMD Radeon HD 6310 グラフィックス
 メモリ:2GB
 ストレージ:320GB HDD
 ディスプレイ:11.6型 1366×768ドット
 その他:Microsoft Office Home and Business 2010付属
 価格:99,800円

ちなみに、同じ構成でCPUがインテル Core i3-380UM プロセッサー(1.33 GHz)のモデルが109,800円なので、『AMD Fusion』搭載モデルはかなり値頃感ありです。

あと、Core i3モデルは本体色が黒のみなのに対して、Fusionモデルは上の写真の3色から選択できるのもポイント。
個人的な好みですが、グリーンが結構良い感じです。

※'11.1.13追記
 レビュー記事がいくつか掲載されていましたので、リンクを貼っておきます。
 グラフィック性能に注目です。
  →「VAIO Y(YB)」の真価を問う――“AMD Fusion APU”搭載モバイルノート - IT media
  →ソニー「VAIO Y(YB) VPCYB19KJ/G」~AMD最新プラットフォーム採用のシンプルモバイル - PC Watch

   ソニーストア

lenovo(レノボ)からAMD Fusion APU搭載のビジネスモバイルノート「ThinkPad X120e」登場!!

lenovo(レノボ)から、AMD Fusion APUを搭載したビジネスモバイルノート「ThinkPad X120e」が登場です。
lenovo ThinkPad X120e
現行の「ThinkPad X100e」の後継となる機種で、公式サイトのプレスリリース(英文)によると、当機は11.6型ディスプレイのビジネス向モデルで、、AMD Fusion APU Eシリーズの採用により、「ThinkPad X100e」に対してグラフィック性能が65%向上したと同時にバッテリー駆動時間が30%向上しており、6セルバッテリー使用時には6時間以上の使用が可能です。

最小構成で400ドル以下からという非常に安価な設定で、2月発売開始予定です。

日本での発売時期及び価格は現時点では未発表ですが、公式サイトで公開されている製品写真が日本語キーボードとなっていますので、日本での発売もそう遠くないと思います。

AMDから「Fusion APU」正式発表!!

AMDからCPUとGPUを一つのダイに統合した「Fusion APU」が正式発表されました。
AMD Fusion APU
CPUとGPUを統合した新たなプロセッシング・ユニットということで、『APU(Accelerated Processing Units)』という新たな名前が与えられています。

CPUとGPUの統合という点では、インテルの「Sandy Bridge」と同じコンセプトの製品ですが、「Sandy Bridge」がデスクトップ向及びモバイル向に展開されるのに対し、「Fusion APU」は低価格ノートPC向の「AMD Eシリーズ」とネットブック向の「AMD Cシリーズ」の2本立てで、「Sandy Bridge」とはややターゲットが異なっています。

特に、現在ネットブック向CPUは「Intel Atomシリーズ」の独壇場となっていますので、「AMD Cシリーズ」の登場で更なる活性化が期待できそうです。

アナウンスされているラインナップは、「AMD Eシリーズ」2モデル、「AMD Cシリーズ」2モデルの計4モデルです。
モデルクロック周波数コア数TDPL2キャッシュGPU周波数DirectXDDR3速度
E-3501.6GHz218W1MB500MHz11DDR3-1333
DDR3L-1066
E-2401.5GHz118W512KB500MHz11DDR3-1333
DDR3L-1066
C-501.0GHz29W1MB280MHz11DDR3-1066
DDR3L-1066
C-301.2GHz19W512KB280MHz11DDR3-1066
DDR3L-1066


ASCII.jpに解説記事が掲載されていますので、参考にリンクを貼っておきます。
 →AMD、Fusion APUの第1弾「AMD E/C」シリーズを発表 - ASCII.jp

低価格ノートやネットブックの性能底上げが期待できそうですね。
CESで早速、SONY、Lenovo、ASUS、MSI等から「Fusion APU」搭載マシンが出展されるようです。

[タグ] AMD Fusion APU Sandy Bridge
[ 2011/01/05 23:01 ] PCパーツ CPU | TB(0) | CM(0)