FC2ブログ

コンピュータ好き

パソコン、周辺機器、ソフトウェア、電子小物等々の最新情報、特価情報、激安情報をお届け

ASUSからWindows RTタブレット「VivoTab RT TF600T」とWindows 8タブレット「VivoTab TF810C」が登場!!

ASUSから、Windows RTを搭載した10.1型タブレット「VivoTab RT TF600T」と、Windows 8を搭載した11.6型タブレット「VivoTab TF810C」が登場しました。

VivoTab RT TF600TVivoTab TF810C

VivoTab RT TF600T」は、Tegra3プロセッサを搭載した10.1型タブレットです。
OSには『Windows RT』を搭載しています。
『Windows RT』はARMプロセッサに対応したWindowsで、『Windows 8』と同じユーザーインターフェースを採用している点が特徴です。
x86プロセッサ版Windows(Windows XP/Vista/7等)用のソフトウェアは動作しませんが、『Windows 8』に比べるとOS自体が軽く、安価な点が特徴です。
Office 2013 RT Preview」が付属し、Word、Excel、PowerPointファイルの作成、閲覧、編集を行うことができます。
VivoTab TF810C」は、インテルAtomプロセッサを搭載した11.6型タブレットです。
Windows 8』を搭載しており、PC用のアプリケーションをそのまま利用することが可能です。
又、1024段階の筆圧に対応したペン入力デバイスが付属します。
どちらのモデルにも別売のキーボードドックが用意されており、接続すればノートPC感覚で使用することができます。

各モデルの詳細は、以下のとおり。

スポンサーサイト



マイクロソフトの「Surface」遂に受注開始!!

こちらのエントリーでもご紹介した、マイクロソフトの『Windows 8/RT』タブレット「Surfaceの受注が始まりました。

SurfaceSurface
SurfaceSurface

但し、今回発売となったのは、ARMプロセッサ対応の『Windows RT版』のみ。
しかも、受注を受け付けているのは世界8カ国(アメリカ、カナダ、オーストラリア、中国、フランス、ドイツ、香港、イギリス)のマーケットのみで、残念ながら現時点日本では購入することができません。

Windows RT版 Surface」の主な仕様は以下のとおり。

マイクロソフトがWindows 8/RTタブレット「Surface」を発表!!

マイクロソフトが『Windows 8/RT』を搭載したタブレット端末「Surface」を発表しました。

SurfaceSurface
SurfaceSurface

OSには、タッチ操作に最適化された『Metroスタイル』を採用する次期Windowsを搭載。
x86プロセッサを搭載した『Windows 8』版と、ARMプロセッサを搭載した『Windows RT』版の2ラインの製品が投入されます。
『VaporMg』と呼ばれる技術により、ARM版は厚さ9.3mm、x86版は厚さ13.5mmの非常に薄いボディを実現しており、裏面には折り畳み式のスタンド『Kickstand』を搭載しています。
厚さわずか3mmの『Touch Cover』は、水色、赤、白、ピンク、黒の5色がラインナップ。
『Touch Cover』の裏面には、この薄さで圧力感知式のキーボードを内蔵しています。

現時点で発表されている仕様一覧は以下のとおり。