コンピュータ好き

パソコン、周辺機器、ソフトウェア、電子小物等々の最新情報、特価情報、激安情報をお届け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「Chromebook」米国で受注開始!!

Googleの『Chrome OS』を搭載する「Chromebook」の受注が米国で始まりました。
受注が始まっているのは、Samsung(サムスン)「Series 5」とAcer(エイサー)「AC700」の2モデルです。

Samsung Series 5
Samsung Series 5 Titan SilverSamsung Series 5 White

Acer AC700
Acer AC700
スポンサーサイト

『Chrome OS』を試してみる?!

こちらのエントリーでもご紹介したとおり、『Chrome OS』を搭載した「Chromebook」が近々発売されますが、『Chrome OS』自体はオープンソースのOSで、自由にダウンロードして手持ちのPCにインストールすることが可能です。

そこで、ガジェット通信にこんな記事が掲載されていましたので、参考にご紹介します。
 →「Google Chrome OSだけで仕事できる?」最新版を古いノートPCで動かしてみる
 →覚えておくと便利な『Google Chromebook』と『Google Chrome OS』ショートカットまとめ

興味のある方は『Chrome OS』体験をしてみては如何でしょうか?


Googleの『Chrome OS』を搭載した「Chromebook」ついに登場!!

こちらのエントリーでご紹介した、Googleの『Chrome OS』を搭載した「Chromebook」がついに発売されます。
最初に発売されるのはSamsung製とAcer製の2モデルで、まずはアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、スペインの7ヶ国で6月15日から販売が開始され、その他の国でも今後数カ月以内に販売が開始されるとのことです。
          Chrome OS
「Chrome OS」はGoogleが提供するオープンソースのOSです。
アプリケーションやユーザーデータはローカル端末にインストール・保存するのではなく、基本的に全てネット経由で提供・保存されるのが特徴です。
つまり、ネット上に保存したデータをウェブアプリケーションで利用するという使用スタイルになりますので、ネットに接続できないと全く使い物になりません。

その他、「Chrome OS」の公式ページで紹介されている主な特長は以下のとおり。
・8秒の高速起動。
・どの端末からでも同様の環境、データで作業可能。
・ウェブアプリは数百万種類。
・アプリケーションは自動的にアップデートされ、常に最新の状態で使用可能。
・Googleによる堅牢なセキュリティが提供されており、ユーザーレベルでのセキュリティ対策は不要。

続いて、SamsungとAcerから発売される「Chromebook」をご紹介します。

Google「Chrome OS」の詳細が少しづつ明らかになってきました

Googleが開発を進めている「Chrome OS」の形が少しづつ見えてきました。
その特長は、以下のとおりです。

「Chrome OS」 Overview

・Chromeノートは約10秒で起動し、スリープ状態から即座に復帰します。
 ウェブサイトの読み込みも素早く、動作も軽快。
 最新のウェブ技術やフラッシュも全てサポートしています。
・アプリケーション、文書、各種設定は全てウェブ上に保存されるため、Chromeノートが使えなくなっても、他のChromeノートに同じ環境を簡単に再現することができます。
・Wi-Fi及び3G通信網の利用でいつでもネットに接続可能です。Verizonのネットワークでは毎月100MBまでの3G通信が無料で利用可能です。
・マルウェアやコンピュータウィルスからのアクセスを防ぐセキュリティ機能を搭載しています。
・起動の度にアップデータの有無を確認し、OSを常に最新の状態に保ちます。
Chrome Web Storeから様々なアプリケーションを使用可能です。

又、「Cr-48」というChromeノートの試作機を準備。
この「Cr-48」を用いて「Chrome OS」を評価するパイロットプログラムの参加者を募集しており、参加者には「Cr-48」が評価用に配布されます。
Chromeノート「Cr-48」
「Cr-48」の特長は、
・10秒でブートし、スリープ状態からは即座に復帰。
・Wi-Fiと3G通信を搭載。
・12型ディスプレイ、フルサイズキーボード、大型タッチパッド
・重量約1.7キログラム、バッテリー駆動時間は約8時間、スタンバイでは約1週間。

で、パイロットプログラムの参加資格ですが、『米国在住で18歳以上』という訳で残念ながら日本からは参加できません。
 →「Chrome OS」紹介ページ
 →chrome web store
 →11月下旬にChrome OSを搭載したスマートブック登場か? - コンピュータ好き


[タグ] Google ChromeOS Cr-48
[ 2010/12/08 21:58 ] 新技術・新規格 Chrome OS | TB(0) | CM(0)

Googleが電子書籍サービスに参入「Googleブックス」開始!!

ついにGoogleが電子書籍サービスに参入しました。その名も「Googleブックス」です。
Googleブックス
対応している端末は上図のとおり。PCのウェブブラウザからの閲覧にも対応していますが、残念ながら今のところKindleには未対応です。

又、日本ではまだ電子書籍の購入サービスは利用不可で、日本の書籍もライブラリにはラインナップされているものの、現時点では一部のページをプレビューできるのみです。

但し、英語の無料書籍であればすぐにでも閲覧可能で、「Googleブックス」にログオンするだけですぐに3種類の英語書籍が『マイ Google eBook』に登録された状態になっています。又、「Google ebookstore」では有料書籍の購入はできませんが、無料書籍の閲覧は可能です。ただし、英語の本ばかりですが・・・。
 →「Googleブックス」
 →「Google ebookstore」Best of the free

これからの展開が楽しみですね。

11月下旬にChrome OSを搭載したスマートブック登場か?

久々にChrome OSの話題です。
DigiTimesの記事によると、11月下旬にもGoogleのChrome OSを採用したスマートブックが登場するとのこと。

 →Vendors to debut Chrome-featured smartbooks later in November (DigiTimes)

まずは、台湾Inventec社が6万~7万台を出荷、続いて12月の初旬にAcerとHPがそれぞれ製品をリリースするのではないかとのこと。

現在、同じGoogleのAndroid携帯がスマートフォン業界で勢力を拡大しつつありますが、Chrome OS搭載のスマートブックがどれだけ健闘するのか注目ですね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。