FC2ブログ

コンピュータ好き

パソコン、周辺機器、ソフトウェア、電子小物等々の最新情報、特価情報、激安情報をお届け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Amazon.com利用の手引き】 ~ 4.送料はどれくらい?

Amazon.com利用の手引き。
今回は、送料と通関関連費用についてです。
Amazon.comの輸送方法には、送料と配達日数の異なる以下の3つのオプションが用意されています。
1)Standard Shipping
 ・配達日数:18~32営業日
 ・送料:
商品の種類1回注文あたり1商品あたり
本、ビデオテープ4.99ドル3.99ドル
DVD、BD、CD、カセットテープ、レコード4.99ドル2.99ドル
 ※規格外の寸法や重量の商品に対しては、1商品あたり更に+8.00ドルの割増料金が必要。

2)Expedited Shipping
 ・配達日数:8~16営業日
 ・送料:
商品の種類1回注文あたり1商品あたり
本、ビデオテープ9.99ドル3.99ドル
DVD、BD、CD、カセットテープ、レコード9.99ドル2.99ドル
 ※規格外の寸法や重量の商品に対しては、1商品あたり更に+10.00ドルの割増料金が必要。

3)Priority Courier Shipping
 ・配達日数:3~5営業日
 ・送料:
商品の種類1回注文あたり1商品あたり
本、ビデオテープ、ソフトウェア、TVゲーム、
ジュエリー、アパレル、靴、赤ちゃん用品、おもちゃ
19.99ドル6.99ドル
DVD、BD、CD、カセットテープ、レコード19.99ドル2.99ドル
車、コンピューター、家電、家庭用品、パーソナル
ケア用品、台所用品、アウトドア、生活用品、工具
19.99ドル
6.99ドル/
1ポンド(約454g)
キンドル本体、キンドル用アクセサリー14.99ド5.99ドル
 ※規格外の寸法や重量の商品に対しては、1商品あたり更に+10.00ドルの割増料金が必要。

送料の計算方法は、
  送料=(1回注文あたり料金の一番高い金額)+(商品数×1商品あたり料金)
となります。

<例1>
 DVD5枚をStandard Shippingで注文した場合。
  送料=4.99ドル+(5×2.99ドル)=19.94ドル

<例2>
 DVD4枚とキンドルをPriority Courier Shippingで注文した場合。
  送料=19.99+(4×2.99ドル+5.99ドル)=37.94ドル

出来るだけまとめ買いした方が、「1回注文あたり金額」分だけお得になりますね。

尚、上記の料金はAmazon自体が販売している商品に対するもので、Amazon以外の業者が販売する商品については上記と異なる料金設定になっている場合がありますので、その際は注文手続きの途中画面で送料を確認してください。(詳細は、『5.購入の手順』で説明します。)

商品の取扱業者は、商品画面の右中央あたりの”Ships from and sold by”の後を見てください。ここが「Amazon.com」になっていれば、Amazonによる販売商品になります。
Ships from and sold by Amazon.com

又、送料以外に「Import fee」というのが掛かってくる場合があります。
これは、通関に係る諸費用や関税等の総額で、基本Priority Courier Shippingの際にのみ加算されます。(AmazonのHelpによると、Standard ShippingやExpedited Shippingの際にも加算される場合があるようですが、私自身は経験ありません。但し、商品の販売業者がAmazon.com以外の場合は取扱いが異なる可能性がありますので、ご注意ください。)

Import feeの金額は商品の種類によって異なるようなので、注文手続きの途中で確認して下さい。

尚、Import feeは「見積額」という形で加算されます。では、「見積額」と実際に掛かった金額が異なった場合の扱いはどうなるのでしょうか?

・徴収された「Import fee」よりも実際の金額が低かった場合。
  差額が自動的に返金されます。(返金先は使用したクレジットカード)
・徴収された「Import fee」よりも実際の金額の方が高かった場合。
  差額分はAmazon.comが負担してくれて、購入者が追徴されることはありません。

つまり、決済額から返金されることはあっても、後から追加で請求されることはないということです。安心ですね。

以上、概要を簡単に説明しましたが、正確な金額は注文手続きの途中で確認できますので、面倒臭ければ上記の内容はあまり気にしていただかなくても結構です。

それでは、次回は注文手続きの進め方をステップ・バイ・ステップで説明していきたいと思います。

 →【Amazon.com利用の手引き】 ~ 5.購入の手順
 →【Amazon.com利用の手引き】 ~ 目次ページ

   
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。