FC2ブログ

コンピュータ好き

パソコン、周辺機器、ソフトウェア、電子小物等々の最新情報、特価情報、激安情報をお届け

ソニーから3D立体視にも対応したヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」登場!!

ソニーから、3D立体視にも対応したヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」が発表されました。
発売は2011年11月11日の予定で、予想販売価格は6万円前後です。
HMZ-T1

画素数1280×720ピクセルに対応した『HD有機ELパネル』を採用しており、非常に美しく高品位な映像が特徴。
又、右目用と左目用それぞれ独立したパネルを搭載しているため、現在主流のアクティブシャッター式立体視や偏光式立体視とは次元の異なる、自然で高純度な3D立体映像を楽しむことが可能です。

体感画面サイズは、20m先に750型相当の映像が映し出されるのと同等。『5.1chバーチャルサラウンド技術』も搭載し、さながら映画館にいるような迫力ある映像と音声を体験できます。

いよいよ本格的に3Dが楽しめるデバイスが登場しましたね。
手軽に大画面が体験できるデバイスとしても良さそうです。

重量は約420g。使用感が気になるところですね。
別途レビュー記事等もご紹介していきたいと思います。
 →世界初※1HD有機ELパネル搭載 3D対応ヘッドマウントディスプレイを発売 - ソニープレスリリース
 →3D対応ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」製品情報 - ソニーオフィシャルサイト
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック