FC2ブログ

コンピュータ好き

パソコン、周辺機器、ソフトウェア、電子小物等々の最新情報、特価情報、激安情報をお届け

【Amazon.com利用の手引き】 ~ 6.購入時の注意点

米Amazon.com利用の手引きの最終回。
今回は、商品を選ぶ際の注意点を思いつくままお話したいと思います。
・電化製品を購入する際は、対応している電源電圧に注意!!
日本の電源電圧は100Vですが、アメリカは120V。この差が原因で、アメリカ仕様の電化製品が日本では正常に動作しない場合があります。
但し、PCや周辺機器は100-240Vまで対応している製品が多く、その場合は日本での使用も全く問題ありません。
まずは、製品情報ページ等を検索して対応している電圧をチェックしてみて下さい。
もし、欲しい商品が120Vにしか対応していなかったとしも、普通に動作するケースも多いようですが、その場合は自己責任で・・・。

・日本とアメリカの規格の違いもチェック!!
例えばテレビ。信号の方式は日本もアメリカも同じですが、使用されている周波数帯が違うので、チューナーはまともに使えません。単にモニタとして使うだけなら問題ありませんが。
ラジオも同様に、使用されている周波数帯が異なっているため、使い物になりません。
こういった製品は、素直に日本仕様品を購入されることをオススメします。

・DVDソフトはリージョンコードを何とかする必要あり!!
DVDにはリージョンコードという地域コードが設定されており、再生機器とDVDソフトのリージョンコードが一致しないと、映像を再生することができません。
アメリカのリージョンコードが1なのに対して日本のリージョンコードは2であるため、アメリカから直輸入したDVDはそのままでは日本の機器で再生できません。
この問題は、以下のいずれかの方法でクリアしましょう。
 1)リージョンコード1のDVDプレイヤーを購入する。
  Amazon.comでついでにDVDプレイヤーも購入しましょう。
  日本からでも購入可能な機種が結構あります。
  但し、上で説明したとおり、DVDプレイヤーの対応電源電圧には要注意です。
 2)リージョンフリープレイヤーを購入する。
  世の中には、リージョンフリーのDVDプレイヤーが存在します。
  これだと、リージョンコードを気にする必要はありません。
  入手方法はここには詳しく書きませんので、インターネット等で探してみて下さい。
 3)パソコン用のリージョンフリー化ソフトを利用する。
  パソコンでDVDソフトを視聴する場合、DVDドライブと再生ソフトの両方のリージョンコードを
  DVDソフトのリージョンコードに合わせてやる必要があります。
  一応、ドライブや再生ソフトのリージョンコードは切り替えが可能ですが、切り替え回数に制限
  があるため、気軽に切り替えるというわけにはいきません。
  ここで便利なのが、リージョンフリー化ソフトです。
  これをインストールしておけば、リージョンコードが無効化されます。
  何種類かの製品が発売されていますので、インターネットで検索してみて下さい。
 4)DVDをリージョンフリー設定でリッピングする。
  DVDソフトの方をリージョンフリー化する方法ですが、市販ソフトのリッピングには常に違法性
  の議論が付き纏いますので、手を出さない方が良いでしょう。
  というか、やめておきましょう。
  (だったら最初から書くな!!ですが、あくまでこういう方法もあるよということで・・・)
尚、BDはアメリカも日本も同一のリージョンコードが設定されていますので、そのまま問題なく再生可能です。

・やっぱり多少の英語力はあった方が・・・
これまでご説明してきたとおり、商品の注文自体は非常に簡単で、英語に自信がない方でも特に戸惑うことなく手続きを進められると思います。
但し、製品に日本語版の取説が付いてくることはまず期待できませんので、そこは頑張って英語を読みましょう。
又、万一製品にトラブル等があった場合は、やはり英語で問い合わせる必要があります。
この点も一応頭に置いておいて下さい。(ちなみに、私自身は今までに何度もAmazon.comを利用していますが、幸いトラブルに見舞われたことは一度もありません。)

という訳で、【Amazon.com利用の手引き】は今回で終了です。
お付き合いいただいた方、どうもありがとうございました。

米Amazon.comの利用に際しては色々と注意すべき点もありますが、それらを知った上でうまく利用すれば、非常にお得に買い物ができる場合もありますし、日本ではまだ紹介されていない魅力的な商品に出会える機会も広がります。

是非一度Amazon.comでの買い物にトライしてみて下さいね。

 →【Amazon.com利用の手引き】 ~ 目次ページ

   

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック