コンピュータ好き

パソコン、周辺機器、ソフトウェア、電子小物等々の最新情報、特価情報、激安情報をお届け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エイサーのWindowsタブレットがリニューアルして登場「ICONIA TAB W500S」!!

こちらのエントリーでご紹介した、エイサーの10.1型Windowsタブレット「ICONIA TAB W500」がリニューアルして新登場しました。
新モデルは「ICONIA TAB W500S」。最後に”S”が付きました。
ICONIA TAB W500S

旧モデルから進化したポイントですが、まずはCPUが『AMD C-50』から『AMD C-60』に強化されました。
どちらも定格クロックは1.0GHzですが、『AMD C-60』はターボコア技術に対応し、最大1.33GHzまでクロックアップして動作します。
これに伴い、CPUに統合されているグラフィックス機能が『Radeon HD6250』から『Radeon HD6290』にパワーアップしました。
その他は、旧モデルの仕様を踏襲しています。

基本仕様は以下のとおり。

 モデル:ICONIA TAB W500S
 OS:Windows 7 Home Premium SP1 32bit
 CPU:AMD C-60 1.0GHz(ターボコア最大1.33GHz)
 グラフィックス:AMD Radeon HD6290(CPU内蔵)
 メモリ:2GB PC3-10600
 ディスプレイ:10.1インチ 1280×800
 ストレージ:32GB SSD
 無線LAN:IEEE802.11b/g/n
 Bluetooth:Bluetooth V3.0 + HS
 ウェブカメラ:130万画素(リア)、130万画素(フロント)
 センサー:照度センサー、3軸加速度センサー
 バッテリー駆動時間:約6時間
 寸法:275×190×16mm
 重量:970g
 価格:59,800円

人気のWindowsタブレットがバージョンアップして新登場です。

Androidタブレットに比べると値段は若干高くなりますが、PCと同じ環境で作業ができる点はポイントですね。
ディスプレイは1280×800ドットの高解像度で視認性も良好です。

インターネットを見たり、動画を視聴したり、ゲームをしたりといったエンターテイメント中心の使い方であればAndroidタブレットでも十分に楽しめますが、オフィスソフト等ビジネスにも活用したければ、やはりWindowsタブレットがオススメですね。

モバイルPCの代わりにWindowsタブレットを持ち歩くというのも、スマートで良いですね。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。