FC2ブログ

コンピュータ好き

パソコン、周辺機器、ソフトウェア、電子小物等々の最新情報、特価情報、激安情報をお届け

私がiPad2を選んだ理由

以下のエントリーでご紹介したとおり、先日iPad2を購入しました。
 →今更ながらiPad2を購入しました!!

新型iPadVSiPad2

新型iPadが発売された直後の今、どうしてわざわざ型落ちになったiPad2を購入したの?というもっともな感想を持たれた方もおられるでしょう。
そこで、当エントリーでは、小生が敢えて型落ちとなったiPad2を購入した理由について少し書いてみたいと思います。

まずは、新型iPadとiPad2の”違い”を見ていきたいと思います。
当方が購入した、『16GB Wi-Fiモデル』の仕様比較は以下のとおりです。

モデル新型iPad
16GB Wi-Fiモデル
iPad2
16GB Wi-Fiモデル
プロセッサA5XA5
ディスプレイ9.7インチ 2048×1536ピクセル9.7インチ 1024×768ピクセル
カメラ背面:5メガピクセル、1080p/30fpsHD動画
前面:VGA画質、30fps動画
背面:HD画質、720p/30fps動画
前面:VGA画質、30fps動画
バッテリー駆動時間約10時間
寸法241.2×185.7×9.4mm241.2×185.7×8.8mm
重量652g601g
価格42,800円34,800円

新型iPadの進化した点は、ズバリ、超高精細のRetinaディスプレイと5メガピクセルの高解像度iSightカメラの2点。
反面、残念な点として、iPad2よりも少し分厚く、重くなってしまっている点が挙げられます。

まず新型iPad最大の売りであるRetinaディスプレイですが、9.7インチの小さい画面にフルHD以上の2048×1536ピクセルを詰め込んでいるだけあって、まさに別次元の美しさです。
実際に店頭で新型iPadとiPad2の画面を比較してみましたが、電子書籍、ウェブサイト、地図といった文字を読むコンテンツでは、小さい文字も潰れることなく、くっきりと表示され、画面をあまり拡大しなくてもストレスなく文字を認識することができました。
但し、動きのある映像で比較すると、画面が9.7インチと小さいこともあってそれほど明確に違いを感じることはできませんでした。
逆にフルHDの高解像度の映像だとデータ量が膨大になってしまいますので、9.7インチ程度の画面サイズではiPad2の1024×768ピクセルくらいの動画の方がバランスが取れているかもしれませんね。

続いて、5メガピクセルのバックカメラですが、性能の良いレンズを採用していることもあり、非常に美しい画像&映像を撮影することができます。
但し、個人的には、iPadを使って写真や動画の撮影をしたりはしませんので、iPad2の1メガピクセル級のカメラがおまけ程度に付いていれば、特に不満は感じません。

更に、搭載するプロセッサは、iPad2の『A5』から新型iPadでは『A5X』にパワーアップされています。
これは、前述のRetinaディスプレイにより、画面表示のために必要なデータ量がiPad2の4倍以上になったため、この膨大なデータを処理するためにグラフィックチップがクアッドコア化されたものです。
これにより、超高精細ディスプレイを採用しながらも、iPad2と同等の操作感を実現しています。
但し、あくまで”同等”です。

又、上の仕様比較表には直接記載していませんが、搭載するバッテリー容量が増大しています。
これにより、消費電力の大きい『A5X』+『Retinaディスプレイ』を搭載しながら、iPad2と同等の約10時間のバッテリー駆動時間を確保しています。
但し、そのトレードオフとして、本体が分厚く重くなってしまっているのは残念なところです。
更に、iPad2に比べてバッテリーをフル充電するまでにかかる時間が長くなったとか、使用中に本体が熱くなるといったデメリットも報告されています。

以上のメリットとデメリットを総合的に判断して、小生はiPad2を購入することに決めました。

確かにRetinaディスプレイは非常に魅力的な技術ではありますが、それに伴うデメリットと天秤に掛けると、最終的にはiPad2に軍配が上がってしまいました。

新型iPadは、確かに良く出来た製品だと思いますが、ちょっと頭でっかちになってしまった感があり、製品としての全体のバランスはむしろiPad2の方が上かな?と思ったりしています。偉そうなことを言ってスミマセン。
関連記事

[タグ] MyPC アップル iPad iPad2
[ 2012/04/09 19:08 ] その他 My PC | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック