FC2ブログ

コンピュータ好き

パソコン、周辺機器、ソフトウェア、電子小物等々の最新情報、特価情報、激安情報をお届け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「eoスマートリンクタブレット(Sony Tablet S)」初期設定!!

こちらのエントリーの続きです。

それでは、「Sony Tablet S」の初期設定いってみましょう!!

Sony Tablet S

eoスマートリンクタブレットこと「Sony Tablet S」です。
画面に色々と映り込んでしまっている点はご容赦を。(汗)


Sony Tablet S と ACアダプタ

ACアダプタを横に並べるとこんな感じです。
アダプタは結構小っちゃいです。

ACアダプタ

ACアダプタのアップです。
iPadのアダプタと比べると一回り大きいくらいですが、持ち運びは苦にならないサイズです。

ACアダプタ接続

インストラクションに従って、まずは電源コードを接続します。
コネクタ位置は、左手前です。

それでは、はりきって電源投入!!

ソニーロゴ
スプラッシュ
スプラッシュ

電源ボタンをONすると、SONYのロゴが表示された後、きれいなアニメーションが映し出されます。

言語設定

まず初めは言語設定です。
もちろん”日本語”を選択。

Wi-Fi設定

続いてWi-Fiの設定です。
利用可能なアクセスポイントが自動で検出されます。

Wi-Fi設定

ご近所さんのネットワークも含めて、計3つのアクセスポイントが検出されました。

Wi-Fi設定

自宅のアクセスポイントを選択して、暗号キーを入力します。
言うまでもありませんが、自宅でWi-Fiを利用されている方は、データ漏えいやネットにタダ乗りされるのを防ぐために、必ずセキュリティの設定はしておきましょうね!!

Wi-Fi設定

無事に自宅のアクセスポイントに接続できました。(一番上です。)

この次に、本来は日付と時刻の設定が来る筈なのですが、どうもすっ飛ばしてしまったようです。
画面に指紋を付けたくなかったので、iPad用に購入したタッチペンを使用していたのですが、このタッチペンと「Sony Tablet S」の相性が悪く、設定を進めている際に、1回しかタッチしていないのに連打になってしまうといったことが度々ありました。
どうも、ここで【次へ】ボタンを1回だけ押したはずが勝手に2回押しになっていたようです。
という訳でここでは日付と時刻の設定はせずに次のステップに進みます。
(日付と時刻は後からでも設定できるので、特に問題はありません。)

Google位置情報の設定

続いて、Google位置情報の利用設定です。
有効にすると、利用者の位置情報が自動で送信され、サービスに反映されます。
必要に応じて設定して下さい。

Googleアカウントの設定

お次はGoogleアカウントの設定です。
アカウントを設定しておくと、Googleが提供する様々なサービスと連携して使用することができます。

Googleアカウントの設定

Googleアカウントをお持ちでない方は、ここで新規登録することも可能です。

Google+の設定

続いて、Google+(プラス)の設定です。
Google+(プラス)は、Googleが展開するSNSサービスですね。
利用される方は、ここで設定して下さい。

Googleアカウントの設定

Googleアカウントの設定が完了しました。

設定完了

これで、初期設定は完了です。

ホーム画面

ホーム画面が表示されました!!

Android 4.0.3

OSは、Android 4.0.3にアップデート済みです。

という訳で、長くなってきたので今回はここまで。
次回は「eoスマートリンク」の初期設定の様子をご紹介します。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。