コンピュータ好き

パソコン、周辺機器、ソフトウェア、電子小物等々の最新情報、特価情報、激安情報をお届け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東芝からシネスコサイズの横長液晶を採用した14.4型Ultrabook「dynabook R542」が登場!!

東芝から、アスペクト比21:9の超横長ディスプレイを採用した14.4型Ultrabookdynabook R542」が登場しました。

dynabook R542dynabook R542

最大の特徴は、何と言っても”超”横長ディスプレイですね。
通常のワイド液晶がアスペクト比16:9であるのに対して、「dynabook R542」は幅が約1.3倍のアスペクト比21:9。
シネマスコープにそのまま対応する、14.4型 1972×768ディスプレイを採用しています。

キーボードには、暗い所でも使い易いLEDバックライトを搭載。
20.8mmの薄型ボディは、持ち易さを考慮して、上半分にラバーコーディングが施されています。

その他、基本仕様は以下のとおり。


 モデル:dynabook R542 R542/16FS
 OS:Windows 7 Home Premium SP1 64bit
 CPU:Intel Core i5-3317U 1.7GHz/2.6GHz
 メモリ:4GB(2GB×2) PC3-12800
 グラフィックス:インテルHDグラフィックス4000
 ディスプレイ:14.4インチ 1792×768
 ストレージ:32GB SSD + 500GB HDD
 オフィス:Microsoft Office Personal 2010
 バッテリー駆動時間:約8.0時間
 寸法:368.5×200×20.8mm
 重量:約1.69kg
 参考価格:14万円前後

映画コンテンツを本来の21:9サイズのまま配信するサービスに対応し、スピーカーには、有名ブランド『harman/kardon』のステレオスピーカーを採用。
迫力の映像と高音質サウンドが楽しめる、極上のエンターテイメントモデルです。

複数のウィンドウを並べて作業するといった場合にも、この横長画面は使い易そうですね。

映画好きな方はもちろん、他のモデルとは一線を画した個性的なパソコンをお探しの方にもオススメです。
実売価格は、以下のリンクからご確認下さい。(楽天市場にジャンプします。)




関連記事

[ 2012/07/29 20:41 ] Ultrabook 東芝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。