FC2ブログ

コンピュータ好き

パソコン、周辺機器、ソフトウェア、電子小物等々の最新情報、特価情報、激安情報をお届け

愛機紹介 自作PCの巻

以前、こちらのエントリーで我が愛機の一覧を見ていただきましたが、今回はその中から現在メインで使っている自作Core i5マシンをピックアップしてご紹介したいと思います。

組立は2009年11月で、主なパーツ構成は以下のとおり。
 ・CPU:Intel Core i5-750
 ・マザーボード:ASUS P7P55D
 ・メモリ:SILICON POWER PC3-10600 2GB×2
 ・グラフィック:HIS H577F1GD(ATI Radeon HD5770)
 ・HDD:SAMSUNG HD103SI(1TB/SATA)
 ・DRIVE:LG電子 GH22NS40BL(DVDスーパーマルチ)
 ・ケース:ANTEC Nine Hundred Two
 ・電源:ANTEC EarthWatts EA-650(650W)
 ・ディスプレイ:iiyama PLB2409HDS-B1(24インチ Full HD)
 ・OS:Windows Vista Ultimate 64bit版
占めて、当時価格で12万円弱といったところです。

見た目はこんな感じです。
自作君
暗闇で怪しく光る憎いヤツ?!写真ではわかりにくいですが、青色LEDがなかなかクールです。
(内部配線をもうちょっと小奇麗にまとめたいところですが。)

CPUは、当時LGA1156版のCore i5/i7が出始めた頃で、安くなりつつあったCore2Quad(LGA775)にするか少し悩みましたが、将来性と懐具合を考えて最終的にCore i5-750をチョイス。

グラフィックボードは、当時DirectX11対応チップがRadeon HD5000シリーズしかなかったため、価格と性能を天秤に掛けてRadeon HD5770を選択しました。Radeon HD5000シリーズも当時が出始めで、チップの歩留まりが悪いためか(?)市場にあまり出回っていなかったため、入手は非常に苦労しました。

ケースはゲーマー御用達のAntec Nine Hundred Two。デザインが気に入ったので、あまり悩まず購入しました。

OSはWindows Vista Ultimate。何でWindows 7じゃないの?という声が聞こえてきそうですが、実はこのWindows Vista UltimateはMicrosoft(マイクロソフト)のWindows Feedback Program(ウィンドウズ フィードバック プログラム)に参加して無料でいただいたもの。折角なので、ありがたく使わせていただいております。

このWindows Feedback Programについて少し補足しておきますと、実は私、以前仕事の関係でアメリカに住んでいたことがありまして、その際にMicrosoftがアメリカ在住の方対象に展開していたキャンペーンがWindows Feedback Programです。内容は、自分のPCにMicrosoftが提供する自動フィードバックソフト(ウィンドウズ上でどんな操作をしたかが逐一マイクロソフトに送信される、ちょっとウイルスチックなソフト)をインストールし、時々メールで送信されてくるアンケートに答えるというもので、このキャンペーンに3ヶ月間協力するとVista Ultimate、Office 2007 Ultimateを含む5種類のソフトウェアからお好きな1本が貰えるという企画でした。

ちなみにこのWindows Feedback Program、現在はアメリカだけではなく日本にも対象を拡げて継続されているようですが、当時の特典であった「お好きなソフトプレゼント」は現在は無くなっており、純粋にマイクロソフトの開発に協力するのが目的になっているようです。残念。(興味のある方はこちらを参照してみて下さい。)
 
関連記事

[タグ] 愛機 自作 Radeon HD5770
[ 2010/09/25 23:06 ] その他 My PC | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック